読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enticle

【英語ニュース入門アプリ】簡単なニュースで英語を勉強

雨のときだけ現れるストリートアート

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストリート・アーティストが歩道に描く雨の魔法

「Always Dry」という防水スプレーの一種があります。

靴やカバンなどに吹きかけると、水を弾くようになる便利グッズです。

この商品を歩道に吹きかけるとどうなるか?

The untreated surface darkens color when wet, while the treated areas stay dry and don't change color.

コンクリートやアスファルトの路面は雨に濡れると普通色が濃くなりますが、この商品を吹きかけることによって(水を弾くので)そこだけ色が変わらなくなる。

この特徴を生かしたストリート・アートを生み出したのが、アーティストのPeregrine Churchさんです。




路面が乾いているときには何も見えないが。

これはもう実物を見ていただくのが早いでしょう。
http://rain.works/
左が路面の乾いているとき、右が濡れているときです。

普段は何の変哲もない歩道に、雨のときだけこんなアートが現れます。
http://rain.works/

しかもこのアート、意外と「保つ」らしく

The art lasts four months to a year, depending on the surface and foot traffic,

路面や通行量次第だが、4ヶ月から1年は保つとのこと。

Peregrine Churchさんの住むシアトルは雨が多いことで有名ですが、雨を使ったこのアートもシアトルの名物になってくれるといいな。

Peregrine Churchさんはそう望んでいるそうです。

Rainworks!

英語ニュースアプリ「enticle」

今回紹介した記事も配信中。