読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enticle

【英語ニュース入門アプリ】簡単なニュースで英語を勉強

英語を学ぶには、書を捨て汝と対話せよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、英語勉強してますか?

どうやって? 参考書と向き合って?

参考書も学習ガイドも辞書もいったん引き出しに閉まって、そして己自身と対話せよ。

そんな英語学習指南を見つけたので、紹介したいと思います。


Indirectly Speaking / Foreign language learner, heal thyself - The Japan News

 

リンク先を読んでいただくのが一番なんですが、時間のない方のためにちょっとまとめますね。

 英語の自主学習にどうやって取り組むべきか

学生のみなさんは週に何時間か英語の授業がありますよね。でも授業だけで英語が上達していますか? ちょっと難しいですよね。

社会人の皆さんは? 英会話を習っている? それでも週に何時間かでしょう。それだけではとても英語を喋れるようにはなれない。

必然的に、我々英語学習者は"ひとりで"英語を学ばなければなりません。

単語を覚えたり、リスニング教材を聞いたり、問題集を解いてみたり。

ではどうやって"ひとりで"英語を勉強すべきか。

 No,No,"勉強"なんてやめてしまえ

と説くのが、リンク先文書の著者、宮崎大学准教授のマイク・ゲストさんです。

大切なのは、英語で"考える"こと

マイクさんはこう言います。

What I want you to do is stop studying and start thinking

私がみなさんにお願いしたいのは、勉強をやめて、考えることです

どういうことでしょうか?

通勤や通学中、あるいはバラエティ番組やニュースをテレビで見ているとき、きっとあなたは何かを"考えて"いるはずです。

仕事のことで何かアイディアが浮かんでいるかもしれませんし、ニュースに対して意見や感想を持つこともあるでしょう。

その"考えて"いること、英語で言えますか?

言えない? じゃあ英語でどう表現したらいいのか、調べてみましょう。

それこそが英語を学ぶということなのです。

読むだけ、聞くだけでは英語は身に付かない

読みたい本を英語で読むこと、見たいDVDを英語で見ること、それもよい勉強法です。

でもそれだけじゃあ駄目。受け身の勉強では英語は身に付きません。

そのときあなたの頭に浮かんだこと、感想や意見を英語で言ってみましょう。

うまく言えないなら、どう表現したらいいのか調べましょう。

このとき初めて辞書や参考書の出番になるのです。

要は英語の"使い方"を覚えるってこと

ここまで書いてきて私は思いました。

教科書を読んだり、単語を覚えたり、リスニングCDを聞いたりの受け身の勉強ではだめ、考えて、それを英語で表現しようっていうことは、つまり英語の"使い方"を覚えるってことだろうと。

単語帳で覚えた英単語も、使わなければ宝の持ち腐れ。それをどの場面でどう使うのか、それが重要。

今すぐできること。英語でブログを書いてみるのはどうでしょう?

じゃあマイクさんの教えをどう実践するか。頭の中で"考える"のがもちろん基本ですが、どうせならそれを具体的に見える形にしたくありませんか?

日々思ったこと、感じたことをブログに書く。

どう表現していいか分からなければ、辞書や参考書で調べる。

そうやって英語の"使い方" を覚えていく。

もちろん海外の無料ブログサービスを使って、お金は掛けない。

これなら今日にも始められますね。

 

こんな記事もいかがですか

リーディングの勉強にオススメの無料英語ニュースサイト・ベスト10 前編 - 無料英語ニュースのenticle 

リーディングの勉強にオススメの無料英語ニュースサイト・ベスト10 後編 - 無料英語ニュースのenticle